アジア・インターンシップ
ビジョン・経過 日越大学合同セミナー 植林活動 遠隔テレビ会議 戦争被災地調査 現地企業視察 マングローブ林視察

アジア・インターンシップ(以下AI)とは、学生がアジアの発展途上国を訪問し、現地学生の双方向の学習を行う、現地研修プログラムです。

ビジョン・経過  動画でみる(340kbps)
動画でみる(1128kbps)
 
 日越大学合同セミナー
テーマごとにAI参加者と現地大学生で対抗パートをたて発表・ディスカッションを行います。
 植林活動
フエ農林大学提供の植林予定地に、フエ農林大学の協力を得て、同大学学生との合同植林活動を行っています。
 遠隔テレビ会議
中央大学とフエ大学の遠隔TV会議システムを活用し、ベトナムでのアジア・インターンシップ」の研究教育活動を日本に紹介しています。
 戦争被災地調査
フエ農林大学の協力を得て、ベトナム戦争で大きな被害を受けた農村、ホンハ村の視察を行っています。
 現地企業視察
ベトナムで活躍する日系企業の工場や事務所を視察することにより、ベトナムの経済や産業、労働の実態を調査しています。
 マングローブ林視察
ベトナムの国立公園でマングローブ林を視察しています。
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8