ベトナム戦争被災地調査
ビジョン・経過 日越大学合同セミナー 植林活動 遠隔テレビ会議 戦争被災地調査 現地企業視察 マングローブ林視察
ホンハ村の村民の住宅と枯葉剤被災者

 アジア・インターンシップでは、フエ農林大学の協力を得て、ベトナム戦争で大きな被害を受けたベトナム中部都市フエ近郊の山中にある農村、ホンハ村、ホングゥエン村の視察を行っています。

 枯葉剤被災者の慰問、村の環境や自治についての調査を行い、発展途上国の恵まれない農村の現状にいかなる支援・協力ができるか検討しています。また、ゼミ学生は千羽鶴の贈呈を行い、住民をはげましています。



学生から村長に千羽鶴の贈呈 ホンハ村の代表者からの聞き取り調査 デジカメで撮影した写真に興味津々の村の子供たち 村の子供たちと交流
ハイ・チーズ!
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8