日越大学合同セミナー
ビジョン・経過 日越大学合同セミナー 植林活動 遠隔テレビ会議 戦争被災地調査 現地企業視察 マングローブ林視察
フエ農林大学の合同セミナー

 合同セミナーは、いくつかのテーマを設定し、そのテーマに対してAI参加者(緒方ゼミ学生)と現地大学生で対抗パートをたて、論文を作成、発表し、ディスカッションを行うことで、相互の歴史、文化、経済、環境等の認識と理解を深めることをめざす取り組みです。この試みは、この2000年から開始され、2001年からはベトナムのハノイ国民経済大学と毎年合同セミナーを行っています。経験をいかし、より深い活動を続けています。

また、このプログラムは、現地での発表のために、約半年間論文を作成することで、学生の論理的思考力と英語力を養う機会となっています。

 緒方ゼミでは現地で発表を行う大学3年生だけでなく、大学2年生から院生までが論文作成の過程に参加し、学生の自主性を引き出す教育活動を行っています。

お互いの発表を受けて質疑応答中。英語で活発に議論がかわされる。
ベトナムの女学生は、伝統衣装アオザイが制服。
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8