ACEラーニングとは? ACEラーニングの実践 今後の計画・展開

 ACEラーニングは、外部のIT企業と提携して進める教育システムの統合モデルです。

 “A”とは、Analogを表し、伝統的な教育システムを示します。例えば、教室に学生を集めた講義形式で行われるもの。黒板とチョークを使ってメモをとり、必要に応じて印刷教材を配布するものです。

 “C”とは、Communication を表し、情報伝達手段の技術発展を活用する学習方法の新しい開発分野のことです。例えば、教師泣かせの私立大学の大教室の出席取りを携帯電話を活用して解決することが出来ます。また壇上からの一方向ではなく双方向型の授業の実践などです。

 “E”とは、情報技術(Electric Technology)を活用した教育システムで、現在急速に発展してきています。

 「Aラーニング」、「Cラーニング」、「Eラーニング」という学習システムは、それぞれシングル・メディアを活用したものですが、それぞれ長所と短所を持っています。それらの技術をマルティメディアとして有機的に総合し、最適な教育システムにするのが「ACEラーニング」です。

 ACEラーニングの概念図
ACEラーニングの概念図
1 / 2 / 3